北朝鮮のミサイル発射を阻止せよ! 衣川正登

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕面市立病院と箕面警察署は腐っていた

<<   作成日時 : 2017/04/03 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

箕面市立病院は徹底的に人を馬鹿にしています。

2017年3月31日 金曜日。私は箕面市立病院の皮膚科に受診しようとしたのです。

私は診察券を自動再来受付機に入れたのです。ところが皮膚科の選択画面が出ません。

私は病院職員に問い合わせたのです。

「なぜ、皮膚科の選択画面が出ないのか」と。

皮膚科の診察に関するポスターが貼ってあったのです。分かりづらい掲示でした。

いわく、次のようなものでした。

※皮膚科(火曜・金曜)の外来診療は完全紹介・予約制です。初診の際は、紹介状をお持ちください。


えっ? 何だ? この分かりづらい掲示は。

私と病院職員は罵倒の応酬になりました。

押し問答の末、聞いた話を総合したら、どうやら次のようになるのです。

毎週金曜日の場合。箕面市立病院の皮膚科では再来の受付はしない。「他の医療機関からの紹介状を持った患者で、なおかつ予約した患者のみ」を診てもらえる。

毎週火曜日の場合。箕面市立病院の皮膚科では「前日の月曜日までに予約のあった再来患者」と「他の医療機関からの紹介状を持った患者のみ」を診てもらえる。

2017年3月31日は金曜日でした。よって、規定では私のように箕面市立病院皮膚科の通院患者の場合、再来では診てもらえないのです。

私は別室に誘導されました。

しばらくしたら、箕面警察署の若いおまわりさんが来ました。

その日はしかたがないので、箕面市立病院から帰ったのです。

2017年4月3日 月曜日。私が箕面市立病院の皮膚科に受診しようとしたのです。そう。月曜日で、なおかつ祝日でも年末年始でもないので再来患者は皮膚科で診てもらえるはずなのです。

私は診察券を自動再来受付機に入れたのです。

そしたら「この診察券では受けつけられない。窓口の職員に問い合わせてください」という旨の表示が出たのです。

私は受付の職員に怒鳴り、どうなっているのか問い合わせました。

「なんだ、これは?!」と。

診察を拒否されたのみならず、私を一方的に悪者にしました。

大勢の病院職員が私を取り囲みました。森なんとかという箕面市立病院の柄の悪い職員は私の胸をつかむといった暴行を働きました。

また、私を別室に誘導した別の箕面市立病院職員は逮捕監禁の罪を犯しました。

何が逮捕監禁の罪に該当するか。

私は「トイレに行かせてください」と言ったのです。

ところがその部屋から私をしばらく出そうとしませんでした。

立派な罪です。違法行為です。

しばらくしたら、またまた箕面警察署の若いおまわりさんが来ました。

箕面警察署のおまわりさんもおまわりさんです。

「衣川さんが悪い」と一方的に決めつけました。

箕面市立病院の医療関係者も箕面警察署のおまわりさんも本当に人の命を守っていると言えるのでしょうか。

2017年4月5日 

2017年4月6日 木曜日。他の医療機関への転院に必要な書類なるものと、「衣川正登さんは今後、箕面市立病院では診ない」という旨の三行半が届きました。

いい加減にしろ。

箕面市立病院は腐った病院だよ。

ブログの炎上、上等。メール、手紙、電話も待ってるよ。

写真もどうぞ。

箕面市立病院に宝生永夢先生はいない 2017年4月4日

偽りの病院の桜に罪はない 2017年4月3日

文責
メールアドレス画像

衣川正登 きぬがわまさと
562-0001
大阪府箕面市箕面4-8-67 ナヴィール箕面307
072-721-2316
090-7099-0705

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕面市立病院と箕面警察署は腐っていた 北朝鮮のミサイル発射を阻止せよ! 衣川正登/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる