北朝鮮のミサイル発射を阻止せよ! 衣川正登

アクセスカウンタ

zoom RSS 電波利用 電子申請・届出システムで再免許申請

<<   作成日時 : 2008/07/15 21:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

★電子申請・届出システムで再免許申請することに
当局のアマチュア無線局免許の再免許申請ですが、電子申請・届出システム Liteを使ってやることにしました。アマチュア局の場合、ICカードリーダーや住民基本台帳カードを用意しなくても申請ができるのです。

★JARL Webの中の電子申請に関する記事
JARL Webにも電子申請に関する記事があります。

「アマチュア局の免許(再免許)の電子申請の手数料が値下げ
絵で見る総務省電波利用「電子申請・届出システムLite」を掲載(04/15)


上記ウェブページにはアマチュア局の開設を電子申請する方法について述べられています。再免許申請もだいたい同じ手順でできます。

★手順
以下の通りです。

ID・パスワードによる電子申請の流れ

アマチュア局免許人の方向けのユーザーID、パスワードを利用した申請・届出は電子申請・届出システム Liteで行えます。

★ユーザーIDを発行してもらう
2008年7月15日、ユーザーIDを発行してもらう手続きに成功しました。

無線局免許状、無線従事者免許を用意しましょう。まず、電子証明書をもらいます。必要事項を入力して、電子申請・届出システム Liteで使用するユーザーIDとパスワードを発行してもらいます。

2008年7月18日、総務省からユーザーIDとパスワードが郵便で届きました。

★電子申請・届出システムを使って申請
電子申請・届出システム Liteにログインすると、いきなりパスワードを変更するように指示されました。パスワードを変更しました。

免許の番号、コールサインの入力などは自分でやる必要があります。既に登録されている免許情報をクリックすれば入力する手間が少し省けます。必要なところにチェックを入れてください。問題なく届いたようです。

免許の年月日と免許の有効期間満了の日ですが、現在、もらっている無線局免許状に記載されている日を書いてください。あとで述べますが、私はここで間違えてしまいました。再免許後の免許の年月日と免許の有効期間満了の日を書いてはいけません。

★補正を要求されました
2008年7月23日、こんなメールが届きました。
電子申請番号 E08-********-D の申請・届出につきまして、補正依頼の必要な事項がありますので、お知らせいたします。補正が完了するまで審査は保留となりますので、至急対応をお願いします。

以下のURLで、通知書の番号を入力して、通知を見ました。

http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/list/index.html#self

アマチュア無線局再免許申請について、以下のとおり不備がありますので、補正後再提出してください。

□ 免許の年月日
□ 免許の有効期間満了の日

原因は私が再免許後の免許の年月日と免許の免許の有効期間満了の日を間違って書いてしまったためでした。今、免許を受けている免許の年月日と免許の免許の有効期間満了の日を書かなければならないのです。

★申請時のデータをダウンロード
メールにはこんなことも書かれていました。

申請時のデータをパソコン上に保存されていない場合は、下記リンクの「照会・変更」→「申請履歴照会」より送信済みのデータをダウンロードできます。
http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/list/index.html#self

私の場合、申請時のデータを保存していなかったので、ダウンロードする必要がありました。Windows Vistaの場合、「ダウンロード」というフォルダに入ります。shinsei.zipというファイル名でした。

★Internet Explorerで修正
修正について、こんなことが書かれていました。

※ 補正した申請書を送付する際は、申請アプリケーションで作成・修正したファイルをパソコン上の任意の場所に保存の上、「申請・届出」のトップ画面にある「補正後再提出」を利用し送信をお願います。申請アプリケーションから送信しないようご注意ください。

shinsei.zipというファイルをダブルクリックして、shinsei.xmlというファイルをドキュメントフォルダ内にコピーしました。

shinsei.xmlというファイルをダブルクリックします。Internet Explorerで見られます。[Alt]キーを押しながら[V]キー、[C]キーを押すとメモ帳が開き、ソースが見られます。ソースの文字列で、間違っていた部分を修正しました。[Alt]キーを押しながら[F]キー、[S]キーを押し、修正したソースを保存します。

このxml形式のファイルはそのままではアップロードできません。次の手順が必要です。

★ツールのダウンロードとインストール
アマチュア局XML→ZIP変換ツールをダウンロードしてインストールしました。このアマチュア局XML→ZIP変換ツールを使って上述のshinsei.xmlというファイルをzip形式に変換します。

★補正後提出
以下のURLで、「補正後送信」より、上述のzip形式にしたファイルを送信しました。

http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/list/index.html#self

これでやっと補正が終わりです。

★免許状返信用封筒の送付
総務省からのメールには
併せて免許状返信用封筒(切手貼付、宛先記入)を送付願います。

と書かれていました。自分の住所、氏名を書いて、切手を貼った封筒、いわゆるSASEを送ってくれということです。それを用意しました。申請時にもらった電子申請番号も明記しておく必要があります。

2008年7月24日、免許状返信用封筒を近畿総合通信局に郵送しました。免許状返信用封筒の郵送には郵便書簡が使えます。60円で済み、お得です。

重さが25gを超えると定形外郵便物の料金が適用となりますのでご注意ください。この場合、定形サイズの封筒のご利用をお勧めいたします。


★手数料の納付
2008年7月31日、総務省から「再免許の手数料を納付してください」という通知のメールか来ました。電子申請・届出システム Liteにログインして、メールで通知された番号で納付状況を確認しました。

手数料の納付もインターネットバンキングできました。自分がインターネットバンキングを持っている銀行の口座から納付できました。

電子申請でやると手数料が割安になります。たとえば再免許の場合、書類申請だと3,050円かかるところが電子申請だと1,950円で済みます。手数料は以下の表の通りです。表をクリックすると別ウィンドウで拡大して見られます。

画像









★新しい無線免許状が届く
2008年8月13日、新しい無線局免許状が届きました。

★関連ブログ、ウェブページ
電子申請 による 免許(再免許)申請料 が 値下げ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
補正した申請書を再提出する場合は
補正対象となる
★申請データのzipを「申請、補正後提出」に読み込ませる

★画面上で修正

★補正後提出

翻って以下の手順はすこし、煩雑でやりにくいかとおもいますよ。

★sinsei.xmlを手作業で編集

★アマチュア局XML→ZIP変換ツール

★補正後提出
システム担当者
2009/01/24 18:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
電波利用 電子申請・届出システムで再免許申請 北朝鮮のミサイル発射を阻止せよ! 衣川正登/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる